Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/users/2/life-record/web/dj-minoyama/wp-content/themes/inspiro/functions/functions.php on line 1438

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/users/2/life-record/web/dj-minoyama/wp-content/themes/inspiro/functions/functions.php on line 1438

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/users/2/life-record/web/dj-minoyama/wp-content/themes/inspiro/functions/functions.php on line 1439

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/users/2/life-record/web/dj-minoyama/wp-content/themes/inspiro/content-single.php on line 26

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/users/2/life-record/web/dj-minoyama/wp-content/themes/inspiro/content-single.php on line 26

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/users/2/life-record/web/dj-minoyama/wp-content/themes/inspiro/content-single.php on line 27

0000045319 00000 n H�̕kP����7or!�K B� 0(� � �(`@\��4q���آC;� ����7�v��)u��:�mt�l����q�2Sm�L�mg�k?��3�=s��� P @�0 ��(��E��� �� @�������#���Py]�ǁf ̅�*�L��@��hpC�`D?� � ���i W.��d}:��R���TU*),���/�8* �D�� R�I��E��7 �#�!d|�sr�'D�9c�֜�$�G��u��)y��g��SqװYL�����~B�H�eS�tC��br`��D�VL����I��������1v�Op�qX��f�-��P� ��H_Pk W b�m�I�}]:�O�ɟ��r"��+C�&�$�j���k������o�ۊ']{M�����s49�p^���ǡwD��Z������\��x@��$��A�x����0��� ,Z���]��՗�MOǰ͏_�`��J;�P;�MutO�P%��I�r�����P? 0000020255 00000 n 0000007478 00000 n 0000049167 00000 n 0000386208 00000 n 0000019664 00000 n ?%mpv�S�[�o��e_̵�������I�e������ܲP�K�P����GY������y�Rh4yz?t�4�GE������ɤ�$�DS�p�/���xĊ��g��c�;�t��f�h�X��Q��Ï��x�O%��/�5p�����6'��_����m����l3�/��m7�27n_�5\�V@;��\��X�Ot��*�|�����I��L�,U~A���.k�;ئ�����kyrkau���Y.M���-�.ٔ�w���nblj�a*=�t��]888Û�~��4^{5�DZ���znW[~�h�@���+e;� ����*`���:��}/ۊ~=b���m�h�-F(�pm��A�5��C�"Z� ��AW�=�hi�P|�O!#:kyHKBE'�P^^�����_u�N�Cg 齢化対策といえるだろう。 9. H�\�Mj�0��:�,�E��@VFP 0000014721 00000 n 0000048933 00000 n インドネシア・マラン県の高齢化対策におけるコミ ュニティの役割 (公開シンポジウム 越境する少子 ・高齢化 : 子どもと高齢者をめぐる日本とアジア の新しい潮流) 著者 ウィジャヤ マスツリン・アディ 雑誌名 東西南北 巻 2013 ページ 75-78 発行年 2013-03-19 少子高齢化問題は、先進国特有の問題ではなくなっているのはご存知でしょうか。1960年半ば以降のアジアは、生産年齢人口(現役世代)が従属人口(高齢者や子ども)を上回っている状態の人口ボーナス期(※)にありましたが、2010年以降は高齢化の成長等を表す人口オーナス期を迎えています。, わが国にも言えることですが、少子高齢化は労働力の低下、国内貯蓄率の低下を通じた投資の減少などから国の成長力を押し下げます。また、医療介護費や年金負担の増加、税収の減少といった財政や家計にも影響を与えるため、国全体が弱体化していきます。ここでは、アジアに起きている少子高齢化の問題、現状についてグラフ等を使ってお伝えしたいと思います。, 日本も同様ですが、アジアの少子高齢化は年々悪化の一途をたどっています。その主な原因は、経済発展による都市化、教育の普及、医療福祉サービスの整備、寿命の延伸などがあげられます。特に経済発展による都市化、いわゆる近代化ですが国自体が豊かになり人口が増える半面【人口転換➡少産少死➡人口高齢化】を生みます。では、アジアの少子高齢化の現状を見ていきたいと思います。, アジアの高齢化率については、アジアの中でもとりわけ高齢化率が高い国(日本、香港、韓国、シンガポール、タイ)の推移を見ていきたいと思います。, 出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構 「データブック国際労働比較2020」より 世界における高齢化問題は、先進国よりも開発途上国で深刻化 する。 地域的にみれば、出生率が著しく低下したアジア地域で高齢化が早く進展する。高齢化社会 (高齢化率7%以上)から高齢社会(同14%)への移行年数でみると、ほとんどの国は日本より 0000049391 00000 n 世界における高齢化問題は、先進国よりも開発途上国で深刻化 する。 地域的にみれば、出生率が著しく低下したアジア地域で高齢化が早く進展する。高齢化社会 (高齢化率7%以上)から高齢社会(同14%)への移行年数でみると、ほとんどの国は日本より 0000015223 00000 n 0000028924 00000 n 0000394709 00000 n 0000049665 00000 n 少子高齢化問題は、先進国特有の問題ではなくなっているのはご存知でしょうか。1960年半ば以降のアジアは、生産年齢人口(現役世代)が従属人口(高齢者や子ども)を上回っている状態の人口ボーナス期(※)にありましたが、2010 0000394944 00000 n そのため、高齢社会を見据えた対 策(高齢社会対策)に現時点から取り組む必要がある。. ? 0000011475 00000 n またavは、日本の高齢化の課題の解決手段の1つになる。シンガポールも十数年後に、日本と同じように高齢化に直面することになる。日本で実証実験をすることで、高齢者の輸送問題をどう対応するかを学ぶことができる。 0000436883 00000 n 0000053599 00000 n 高齢化社会や高齢社会、超高齢社会という言葉が世界中で使用されていますが、この言葉には国際的に明確な定義はありません。 日本政府は、高齢化社会という用語は1956年の国連報告書において、当時の欧米先進国の水準を元にしながら、仮に7%以上を「高齢化した(aged)」人口と呼んだことに由来するのではないかとされており、高齢化率は国際的に共通した尺度として使用されています。 この高齢化率というのは0~14歳 … �9_�s9?��+X��Ѽc!���T[ف�jS��G@*i��FwY�,�)B���z��)����Tcr����p�挞e,��8Pd����Pb�L}O4�H3���5�^9�. 0000011132 00000 n 0000053288 00000 n 0000016286 00000 n その 傾向は東アジアで顕著であり、長年にわたって高齢化問題に取り組んできた日本 には同分野での支援・協力が期待されている。. ・経済産業省 世界のgdpの80%以上は、高齢化が急速に進行する国で生み出されています。高齢者がどのように直接的および間接的に自国の経済を形成しているかという点は、今後、世界全体と各国の政治経済のトレンドを、特に政治的な意味において理解する上で、重要な要素になります。 メール:koureisya.com@gmail.com ・Therapy Freak – ~セラピ―フリークな理学療法士のサイト~. 0000014690 00000 n 0000052670 00000 n 2013 提供制限 インターネット公 … すなわち、東南アジア地域の少子高齢化を巡る問題は進行速度の速さゆえによ り一層の深刻さがあるといえる。まず、急速な少子高齢化のため、対策を講じる 時間的余裕が限られていることだ。つぎに、社会保障制度などの構築が十分でな 0000451440 00000 n 運営:高齢者.com スタッフ 東アジア地域では高齢化が他のどの地域よりも急速に進んでおり、域内の一部中所得国や先進国は2040年までに労働力人口が15%も減少する可能性がある、と世界銀行の新報告書「長く幸せな人生を:東アジア・大洋州地域の高齢化」は指摘している。 0000052694 00000 n 急速な高齢化への対応を進めるタイ ―中所得国型高齢化対応の成功事例となれるか― 要 旨 調査部 副主任研究員 熊谷 章太郎 1.タイは、アジア主要新興国のなかで最も速いペースで高齢化が進展しており … 0000017760 00000 n [�U�a=��.BdS�0;a��û@���9��h0�PH�%p��?�SpQdr�Q��(ME�!�*�pW� C �Q�EC��:��r�u 少子高齢化の先進国である欧米および日 本では、退職後の生活を保障するため、医療・年金・福祉の社会保障の各領域で制度改革を進め てきた。これに対し、アジアの開発途上国においては、医療・年金・福祉制度のどの領域につい アジアの高齢化、高齢者ケアの現状と今後の動向 ~タイを例として~ 【大盛況で参加者が90名を超えました。原則として今回は申込みを終えさせていただきました。 なお、どうしても参加を希望される方は info@nogezaka-glocal.com までご相談ください。 0000012882 00000 n 0000003370 00000 n 0000028038 00000 n 0000017738 00000 n 3. 0000384293 00000 n 0000027571 00000 n 0000009892 00000 n 2035年問題とは、2025年から2035年にかけて団塊世代(一般的に1947年〜1949年生まれの人々)の高齢化が進み、ほかの世代を含めた人口の約3分の1を高齢者が占めることで、医療や経済に影響を与えると想定されている社会問題です。 0000050368 00000 n 0000384527 00000 n é å ½ã §ã ã ã ã «ã ®è¡ ç å é¡ ã æµ®ä¸ ã ã 㠤㠬æ é ¤ã ®ã ¿ã ªã «ã §ã ³ã ã æ 1 0000045774 00000 n 今から50年前の1970年に日本の高齢化率は7%となり高齢化社会へと突入しました。この時代の日本は【重化学工業分野の技術の革新、国内市場の拡大、原油の安価購入、輸出の拡大】などの活発より一気に経済大国に成長。いわゆる、高 この高齢化の進捗状況に鑑み、アジア各国では、急速な高齢化から、介護等の高齢者関連サービスの急激な増大に繋がると考えられ、既に介護保険が整備され、高齢者介護サービスの先進国である日本の高齢化対策の経験に関心を寄せている。 0000019687 00000 n 0000007447 00000 n 0000384101 00000 n 東南アジア諸国は歴史上稀にみる高度経済成長に沸いている。しかし、光もあれば闇もある。経済規模が拡大するにつれ、世界経済の荒波に揉まれるリスクは高まり、少子高齢化時代の到来も近い。これからの10年、東南アジア諸国が直面する挑戦は人類が初めて経験するものかもしれない。 齢化対策といえるだろう。 9. 0000019764 00000 n 高齢化問題は、日本とアジアの共通課題の一つです。笹川平和財団(spf)・アジアの人口動態事業グループでは、「アジアにおける少子高齢化事業」の一環として、アジア・インパクト対話(以下、aid)ワークショップを実施してきました。 0000081897 00000 n ・にほんブログ村 福祉・介護情報 0000014668 00000 n 0000010649 00000 n 0000049912 00000 n 0000007967 00000 n 0000451944 00000 n 0000393876 00000 n 0000030273 00000 n !�H�� o�w���&. 近年にみる東アジアの少子高齢化 97 Ⅱ 急速に進む高齢化 東アジアの少子化はこの地域の高齢化をもたらす。一般に65 歳以上の人口が全体の7% に達すると「高齢化社会(aging society)」、14%に達すると「高齢社会(aged society)」と呼 ばれる。 急速な高齢化への対応を進めるタイ ―中所得国型高齢化対応の成功事例となれるか― 要 旨 調査部 副主任研究員 熊谷 章太郎 1.タイは、アジア主要新興国のなかで最も速いペースで高齢化が進展しており … 0000013774 00000 n 0000385818 00000 n 0000016687 00000 n 近年にみる東アジアの少子高齢化 97 Ⅱ 急速に進む高齢化 東アジアの少子化はこの地域の高齢化をもたらす。一般に65 歳以上の人口が全体の7% に達すると「高齢化社会(aging society)」、14%に達すると「高齢社会(aged society)」と呼 ばれる。 ※単位:%, 日本は他の国とは違い高水準で推移していましたが、2020年を機に他の国も急激に高齢化率が伸びたのが分かります。また、高齢者の人口も顕著に増加しています。, 日本を除いて、韓国・タイの高齢者の人口は飛躍的に増えており、特に2020年以降から急激に増加しているのが分かります。韓国を例に挙げれば、韓国にも日本の様にベビーブームが到来しており、その時期が1955~1963年です。この時代に生まれた人たちが2020年前後に65歳以上になることから、表の様に急激に高齢者人口が伸びると予想されています。, アジアの高齢化率の上昇、高齢者の人口が増加している一方で、アジアの未婚率の低下、合計特殊出生率の低下が減少傾向にあります。, 上記のデータは女性の未婚率ではありますが、未婚率が高いと子どもを作るチャンスが少なくなるのは言うまでもありません。, 2019年6月に内閣府が発表した【2019年版少子化社会対策白書(2017年時点のもの)】の合計特殊出生率の数値では【日本:1.43(2.07)、韓国:1.05(4.28) 、香港:1.13(2:89)、タイ:1.47(4.96) シンガポール:1.16(2.62) 台湾:1.13(3.71)】となっています。()内は1970年の数値。, アジアの少子化は、経済発展による所得水準の向上により1980年代以降は減少傾向にあります。所得水準が上昇すると少子化が進む背景としては、子どもを持つコストが増える且つ、女性の社会進出の拡大で子育てに対する機会費用の向上に繋がります。, さらに、工業化の進展で子どもが労働力となる農業が縮小していったため、子どもをたくさん持つことのメリットが薄れたことも原因の1つです。, World Bank Data Indicators(2017年時点)によるアジアの平均寿命で言えば、【香港84.6歳(61.0)、日本84.1歳(63.9)、シンガポール82.8歳(60.4)、韓国82.6歳(47.5)、タイ76.6歳(50.8)】()内は1950年の平均寿命。, 1950年と比べると圧倒的に平均寿命が延びています。やはりそこには、経済成長、とりわけ現代医療技術や防疫システムの構築などが挙げられ、先進医療等の進歩で急性期疾患の救命率は飛躍的に上昇したことが、人類史上類を見ない速度で平均寿命が延びたと考えられています。, 上述で、高齢化の現状についてお伝えしましたが、高齢化による影響はどのような影響を及ぼすのか。まず、人口動態の変化が経済に及ぼす影響について見ていきたいと思います。, 人口の長期的な推移は、初期段階は【多産多死(多く生まれ、多く死ぬ)】型の社会から、経済の発展により生活の質が向上し、死亡率の低下、人口拡大による【多産少死】型へ移行します。いわゆるベビーブームです。このベビーブームで生まれた労働力がさらに所得水準も相応に高めることで少子化が始まっていきます。いい例として日本の高度経済成長期の初期から現在までがこれにあたります。, 少子化の初期は、労働人口は多いため高齢者層はそれほど多くなく、扶養される高齢者や子どもの人口は全体に占める割合は低くあります。また、労働力が高いため扶養の負担が比較的少なく、経済が活性化しやすい状況になります。この状態を多産少死型から少産少死型への転換過程がもたらす経済的有利性【人口ボーナス】と呼びます。, しかし、人口ボーナス期は長続きせず一度来たら二度と訪れないと言われており、少子化世代に生まれた若者が生産年齢人口(16歳から64歳まで)に達する頃には、ベビーブームで生まれた人たちが老年世代に移行しています。, この時期になると労働人口が減少する一方で、ベビーブーム世代の高齢化により医療福祉の負担が増大し、国全体の負担が高まります。このことを【人口オーナス(負担)】と呼びます。, 現在、大半のアジアの国々では人口オーナス期に突入しており、少子高齢化の影響を受け始めています。, 人口ボーナス期には、豊富な労働力があるため、従属人口(高齢者や子どもなど)を扶養する負担が軽いため、人口構成が1人当たりの経済成長を押し上げる効果があります。, 逆に人口オーナス期は生産年齢人口が低下するため、潜在成長率の下押し圧力になります。潜在成長率とは、国内にあるモノやサービスを生産するために必要な【資本・労働力・生産性】の3つの【生産要素】を最大限に活用できた場合の国内総生産(GDP)の伸び率のことを言います。, こうした状況を打破するためには、時間当たりの生産性を向上させ、且つ女性や高齢者の労働力を加えていくとともに、外国人や移民労働者を活用するなどをして労働力を向上させる必要があります。いずれにしても、働く人がいなければ国は弱体化していきます。, 少子高齢化は医療、介護費や年金制度といった社会保障費関連の国民負担率が大きく高めるため、現役世代を中心とする家計や企業の可処分所得が低下していきます。そうなると、労働者は労働意欲の低下、購買力の低下、企業は設備投資意欲が削がれ、経済がさらに下押しになる可能性がでてきます。, 家庭事情について、韓国やタイでは老後の生活費は「①家族が面倒をみるべきだ」「②社会保障で賄うべきだ」に関する質問に対して、数値が時代の影響で逆転傾向にあります。, 「①家族が面倒をみるべきだ」については、1980年代の韓国では49.4%あったのが1996年には28.2%。タイでは61.4%が41.9%まで減少しています。日本では18.8%に対して12.8%とそこまで大差はありません。, 「②社会保障で賄うべきだ」では、1980年代の韓国では8.2%だったのが1996年には29.2%、タイは10.6%が16.1%、日本は21.8%が37.7%と各国ともに上昇しているのが分かります。, 各国の1980年代は労働人口も豊富で経済は豊かな時期でしたが、1990年代以降は少子高齢化の影響で労働人口も年々低下しています。労働人口が減るということはさまざまな所で影響が出てくるため、結果、家庭の懐事情が厳しくなり「家族が面倒を見るべき」と考えていた人たちはそれができなくなり、社会保障費に頼らざるを得ない人たちが多くなっていると考えられます。, ただ、日本以外のアジアの社会保障制度は充分に整備されておらず、強いて言うなら軍人や公務員などの一部の人たちをカバーするだけでやっとなところばかりです。医療面で言えば、韓国は1989年に国民皆保険を実現していますが、他のアジアの国々では財政面の問題から整備が遅れています。加えて、高齢者人口が多くなっているにもかかわらず、高齢者施設もまだまだ少ないのが現状です。, 社会保障制度が遅れている原因としては【経済成長が政策中心だったこと】【高齢者人口、高齢化率が予想以上に急速に上昇してしまったこと】【国民の社会福祉に対する意識が低い】などが挙げられます。, アジアを含む発展途上国の多くは、経済成長ばかりに力を入れる傾向にあるため、福祉の対応が遅れるがちになります。そのツケが今になってきているのです。, 日本を始めとするアジア諸国は人口ボーナス期を活用し、東洋の奇跡と呼ばれるほどの目覚ましい経済発展を遂げました。しかし、2010年以降は人口オーナス期を迎え、徐々に少子高齢化の影響を受けつつあります。, その影響については本記事の通りですが、こうした状況を打破するためには、労働力の確保、生産性の向上、医療福祉制度や年金制度といった日本が打ち出している政策をアジアの諸外国も積極的に行う必要があります。ただ、急速に少子高齢化が進んでしまったため、それらの整備が追いついていないのが現状です。, 2019年1月5日未明、大阪府守口市金田町のうどん店を兼ねた住宅で、家にいた男性が何者かに暴行を加えられる事件がありました。暴行加えた男は、現在も逃走中です。 ◇ 2階から不審な物音が聞こえる 午前1時ごろ、大阪府守口市 […], 先月、内閣府が高齢者の虐待件数(17年度)を公表しましたが、茨城県でも高齢者の虐待件数(17年度)を明らかにしました。調査によると、家族や親族による虐待が274件(被害者:282人)、介護施設の職員による虐待は8施設で8 […], 2019年1月20日午前9時すぎ、群馬県桐生市東久方町の住宅で火事があり、火元の家に住む80歳の高齢女性が意識不明の状態で見つかりました。 ◇ 消防車など約10台出動する 20日午前9時すぎ、群馬県桐生市東久方町の住宅で […], 2019年10月25日の大雨で、千葉県長柄町で水没した車に取り残されて死亡した88歳の男性が、車内から家族に電話を掛けて助けを求めていたことが分かりました。 高台に避難するために車で移動中に 25日午後7時前、長柄町に住 […]. 東アジアの少子高齢化と持続的経済発展の課題 69 当する人口ピラミッドは図3 が示すように、ベビーブーム世代が生産年齢人口(15 ~64 歳) に参入するため、真ん中が膨らんだ「釣鐘型」の形態となる。 東アジアの少子高齢化と持続的経済発展の課題 69 当する人口ピラミッドは図3 が示すように、ベビーブーム世代が生産年齢人口(15 ~64 歳) に参入するため、真ん中が膨らんだ「釣鐘型」の形態となる。 0000385974 00000 n 0000021998 00000 n 0000031426 00000 n 0000081872 00000 n 0000019563 00000 n 0000010456 00000 n 65歳以上の日本人は、過去40年間でほぼ4倍、2018年には約3558万人に達し、日本の人口の28%を占めている 。 同時期に、14歳以下の子供の数は、1975年の人口の24.3%から2018年には12.3% に減少した 。 1997年の高齢者の数は子供の数を上回り、2014年には大人用のおむつの売上が赤 … 0000011163 00000 n sfR7��b�y�&F��1��wj]������+��'( ���A�ϓ38�8d�o�Kw�N�O;���1H�^ܿ�Q#f���m�V��;�l���Ҍ�p�=�_�W}LSW?���>ZZ�Z����-4��|�����b�K��Rt�l�s�*hA2!�� Q���1�`�1p3s�3Y1��e��? すなわち、東南アジア地域の少子高齢化を巡る問題は進行速度の速さゆえによ り一層の深刻さがあるといえる。まず、急速な少子高齢化のため、対策を講じる 時間的余裕が限られていることだ。つぎに、社会保障制度などの構築が十分でな 0000451865 00000 n ��eD� z�Nz�4'����H�|���:��Z:��A,ȺI:\���u��� 0000022021 00000 n 0000028968 00000 n 日本は今後、超高齢社会に突入します。しかしその影響をダイレクトに受ける介護業界では深刻な人材不足が問題となっています。本記事では、介護業界の現状と人材不足解消のためのヒントを解説いたし … 0000451968 00000 n 0000436489 00000 n 0000384704 00000 n 東アジア地域では高齢化が他のどの地域よりも急速に進んでおり、域内の一部中所得国や先進国は2040年までに労働力人口が15%も減少する可能性がある、と世界銀行の新報告書「長く幸せな人生を:東アジア・大洋州地域の高齢化」は指摘している。 �/&��.r�;� U������U���ɸ@�ۻ���V���Ē}Q�E��$�1��a���{�vΙ���}����E��17�һ�q�]��� 0000452937 00000 n ^4)u{ Y��Zcy��W? 平成30年度版、高齢社会白書でのデータを基に先進国の高齢化率の推移についてお伝えします。 ※出典:内閣府 内閣府が公表したデータによると、日本以外での高齢化率も右肩上がりなのが分かります。 ● 関連記事:世界の高齢化率ランキング TOP10 0000019585 00000 n 0000013752 00000 n [�p��O��YDo^>���(T_3Z�4���ǓE��⚊{y[���7����_������7�}m;[~!pK���z��ć-�&�����"��%�@��9!Iߏ� �XԖE������4Ŵݱ|f��Y�y3/��s�p槱���6�$q�Z|NL�5� ��'V� ��|�=vHY�J�1���~�l��\MB{磜-9� ��tC�E�e-Xy�t�٤���xc�ľ�6��17�QF��OZ���;6ӵ~-9��`�H2q"�d�Y�a����*m���ňո5�e�VA�_�G�"�G3�;1��t�,�R;�a�[5�a�P#X۶�P��Rė-1M��Ֆ��\]�o:��X!$�z�Zi����|�S̡b}@��������''ѻ��L��ZN*�L�=5��H����\��yy�;/Ҁ5o^� �{���ρӱ�p���_M"S��Sl�w[ӌ���\|��8_v`�j��������'#4]�-#L�b���TZ���u��s���&�zE>%bS�������0?��U�17�k[mI�I�!8(�w�I�x��O�_�Q8^���������o?�*��r�)U�E�5�?�؃���R �|C �j��P�!�|P.�s��(�z���i��k�Cɔ��Df�xb���U��0J��Q�]wO�{[5��k�t�V6�r��J��qi^/g��*7��e [ag�� 4 235 0 obj << /Linearized 1 /O 237 /H [ 3370 3410 ] /L 803030 /E 453669 /N 21 /T 798211 >> endobj xref 235 145 0000000016 00000 n 0000436329 00000 n 0000031448 00000 n 少子高齢化が先に進んだヨーロッパでは、20年も前に「オール・サポーティング・オール」になっています。 つまり年齢に関係なくみんなで社会を支えて、シングルマザーとか困っている人に給付を集中したらいい、という考え方に変わっているんですね。 FA�ٵ���'��*b���pT�#�- 6��?��2,�t4��U嬘��!7 C�?��ǡ�N����ć9�*NkQ4%w��za�tdwk����B��߁Ϧ&㳿J�4;�)\"c*�_�� 8Z�8��X�I`r304��ސ�p8����ӦU��$.���N�mK�^NS��iMr�c�Pdw�&��-RO�$6@��t�`"��0�a�� J{o��)g�E&L�5d�t��[h}�� ���"�Lqd�O�uZt;�9T�jD�]'#��i������K�HJ��V\L�w )|�";4����mx\��M��Հ�!�� �W���ӂ�H����SȢfo��Ο� [Q=��;ˢ`Fɵ�7s��/�ԧY3����(�~~]� 鴗�p4�zs�c1W��0�y&u�$�?C�1x����8&���J��M�WD¡���q*��)�#�S�My�3b��^Q�[�G�am֕��!W�!�4Kw*��c����W��Ϟ2���wՌ�� 0000011506 00000 n 0000011444 00000 n 0000393923 00000 n 0000010993 00000 n [v^ٖ�bhw��m����=�w�}�6^S���ĕ�YƒYWn�L�&UK�z]K 1�L�7 �;���Zl��M.r\ڽ�lDM��#��ԍ����NOA���KM��G�f�£���F�J�?Ѩ �;y+� 特集:東アジア低出生力国における人口高齢化の展望と対策に関する国際比較研究 東アジアの低出産・高齢化とその影響 鈴木 透 Ⅰ.緒言 韓国・台湾の急激な出生力低下は,今後激甚な人口高齢化につながると予想される.シ 0000008245 00000 n いずれにしろ、少子高齢化が経済に与える影響は今後、時間とともに大きくなろう。 東アジア諸国にとって少子高齢化はもはや将来的な課題ではない。来たるべき人口オ

アイビス 筆 おすすめ, 持続化給付金 白申告 必要書類, 保志総一朗 堀江由衣 結婚, 一人暮らし における食生活の意識 実態調査, 渋谷 年末年始 営業 居酒屋, 八坂神社周辺 ランチ 安い, 東京 名古屋 新幹線 金券ショップ, Hori 十字コン 改造, ニッポンノワール ラスト 考察,